ビジネスで

これだけは心得ておきたいというものがあるかもしれません。

例えば、お子さんをしつける時に、人とすれ違う時にはあいさつをするように教えるとか、なにか親切にしてもらった時にはすぐにありがとうとお礼をいうことなどを教える親御さんもいらっしゃることでしょう。
親御さんたちが日頃からそのための手本を示していれば、お子さんたちも自然に親御さんたちの模範に倣いたいと思われることでしょう。

このように、親の手本というのがお子さんにとって大きな影響があるのと同じく、職場の上司や先輩がどのような仕事をしているかとか、ビジネスマナーとしてどういったマナーを示しているかによって部下の仕事に対する姿勢というのも影響を受けることがあるかもしれません。
部下はすぐ上の上司の働きぶりなどをよく観察していることが多々あるからです。
ビジネスの分野でマナーのある接客をしているといった上司であれば、新人スタッフもおのずとそういったマナーを示すようになるかもしれません。

お客さんが感情を害していらっしゃる場合にはすぐに対応すること、また感情を害してしまったことに同意して謝罪の意を示すといったスピーディーな対応を心がけているという上司もいらっしゃることでしょう。

実力のある人というのは、そのようにして顧客との関係を常に良い状態に保つことに敏感になっておられることでしょう。
自分に非があるわけではないとしても、きちんと謝ることが大切なわけです。